フリーランスで結婚式をプロデュースする

結婚式を挙げる場合、式場の手配や式の内容をあれこれとプロデュースする仕事をしてくれるウエディングプランナーがいます。通常、このようなプランナーは式場に所属していて、式場を訪れれば出会うことが出来ます。

一方、式場に所属しないフリーランスのウエディングプランナーという職業もあり、式場にこだわらずに自由な場所や自由な形で結婚式をプロデュースできる立場にいます。式場からの顧客獲得が難しいために個人で営業活動をしなければならず、1人立ち出来るまでにはなかなか時間がかかります。実績を積み重ね、口コミや紹介、ブログなどで自分の実力を宣伝していかなくてはなりません。また、このような人たちを紹介するサイトや専門誌がいくつかありますので、これらを使って広範囲に紹介してもらうと効果的です。

フリーランスで働くウエディングプランナーの世界も競争が激しく、いかに魅力的で個性的な式をプロデュース出来るかが決め手となります。それには現在の流行や風潮、ファッションの動きなどをいち早くキャッチできる能力が必要になり、日々の勉強は必要です。このため、過去に素晴らしい実績を積んだ人でも常に最先端の勉強は欠かさずに行う必要があります。

フリーとなって活躍するためには、まず自分の売りとなるオリジナリティーなものを確立していきましょう。世界に1つだけの式を提案していくことにより、魅力ある結婚式に目を引かれる顧客が必ずいるはずです。

Write a Comment

Comment